競艇の2連単で稼ぐにはどうする?回収率が安定する方法を解説!

競艇で勝つための方法を考えた時に「3連単より2連単の方が良いのでは?」と思いついた事がある人も多いですよね。

しかし、買い慣れていない不安や3連単の払戻オッズの高さから2連単での勝負に踏み出す事が出来ない人も珍しくありません。

今回は、競艇の2連単で稼ぐためのポイントを簡単にまとめてみました。

競艇の2連単で稼ぐ事は可能!基本は1点買い

競艇の2連単だけで稼ぐ事は可能です。しかし、安定して稼ぐためにはいくつかのポイントが存在します。

その1つが「基本は1点買い」です。

競艇は1レースの出走数は基本6艇、インコースが有利で人気決着をしやすいといった特徴があるギャンブルです。

さらに、競艇の2連単は単純な的中確率が「1/30」と意外と高い確率で的中させる事が出来る舟券でもあります。

その結果、払戻オッズが「2.5~5.0倍」程度となるレースがほとんどです。

2連単でしっかりと稼ぐには、出来るだけ購入点数を減らす必要があります。

的中率の高さと払戻オッズの低さのバランスを考慮すると「基本は1点買い」となります。

※ なお、評判の高い競艇予想・無料のLINE@に登録をして、勝率を上げませんか?

今なら10,000円分のptプレゼント中なので、早めの利用がおすすめです。

勝率の高い予想を提供してくれるLINEで、毎日予想を受け取れます。

登録無料なので、今すぐにご利用ください。

24時間・365日登録可能です!競艇投資を始めるなら、まずは利用してみませんか?

>>競艇エースの無料登録はこちら

3連単より2連単の方が的中率・回収率は安定しやすい

競艇は、1レースの出走数が6艇と少なく選手同士の腕やモーターの良し悪しで差が出やすくなっています。

人気決着をする事が多い競艇ですが、実は「3着は混戦になる傾向が高い」といった特徴もあります。

3連単舟券を購入した時に「1着2着の予想は当たっているのに3着の予想を外した!」という経験を皆した事がありますよね。

競艇で勝つためには購入点数を減らす必要がある事を理解して、3着を絞る人も多くいます。

しかし、3着が混戦になった結果、敢えて舟券から外した艇が3着になる事も多々あります。

外すぐらいなら全通り購入する!と3着を流しで購入する人もいます。

確かに、毎レース3着を流すと的中率は上がりますが、儲け(利益)が少なくなるので回収率が伸び悩む事になります。

競艇で勝ちにくい、回収率を上げられない人の原因の多くは上記です。

一方、2連単は3着を予想する必要がありません。

3着にどの艇が来ても舟券に影響がないので3着の予想だけ外れたという競艇あるあるのリスクを回避する事が可能です。

さらに、1着2着の予想は簡単なのに3着が予想出来ず舟券購入を諦めるといった機会がなくなる事から、狙えるレースの数が多くなります。

2連単で勝負をすると、予想に自信のあるレースの数が増える、3着が混戦になった事で舟券が外れる事がなくなり的中率・回収率が安定します。

※ なお、評判の高い競艇予想・無料のLINE@に登録をして、勝率を上げませんか?

今なら10,000円分のptプレゼント中なので、早めの利用がおすすめです。

勝率の高い予想を提供してくれるLINEで、毎日予想を受け取れます。

登録無料なので、今すぐにご利用ください。

24時間・365日登録可能です!競艇投資を始めるなら、まずは利用してみませんか?

>>競艇エースの無料登録はこちら

本命狙いと穴狙いのどちらにも対応出来る

2連単で稼げる理由は、的中率の高さや回収率の安定感だけではありません。

本命狙いと穴狙いのどちらにも対応出来る「使い勝手の良さ」も2連単が稼げる理由の1つです。

稼ぐための基本1点買いは「本命狙い」の時の買い方となります。

払戻オッズが低い本命買いは購入点数を減らす事が必須となりますが、払戻オッズが高い穴狙いになると購入点数を少し増やす事が出来るようになります。

3連単の穴狙いは3着を流して取りこぼしを防ぐ必要があり、自然と購入点数が20点や30点となります。

しかし、3着を購入する必要がない2連単は、購入点数を抑えながら穴狙いが出来ます。

1着2艇2着全通りといった3連単では出来ない買い方でも購入点数はたったの10点です。

穴狙いなので2連単でも払戻オッズが20倍を超える事も珍しくありません。

全通り購入した2着に人気の薄い艇が入ると2連単でも50倍以上の払戻に期待する事が出来ます。

コツコツ本命狙いをしながら、時には穴を狙って勝負が出来るハイブリッドな買い方で稼げるといった点も2連単の魅力となっています。

購入点数が少ないから1点に賭ける金額を増やせる

購入点数が少なくなる事から、2連単は1点に賭ける金額が増やせます。

レース予想の3連単の買い目が「1-2-全」の場合、各1点でも400円必要となります。

しかし、同じ買い目でも2連単であれば「1-2」だけとなるので、1点に400円賭ける事が可能です。

レース結果によっては、3連単各1点100円を購入するよりも2連単1点400円を賭けた方が払戻金額が多くなるレースも珍しくありません。

2連単は、1点に賭けられる金額が増える事から回収率も安定させやすくなります。

2連単で稼ぐなら本命が無難

本命狙いと穴狙いのどちらにも対応出来るハイブリッドな2連単ですが、しっかりと稼ぐには穴狙いより本命狙いの方が無難です。

本命狙いは、1回のレースで大きな儲けを得る事は難しいですが、コツコツとお金を稼ぐ事は可能です。

さらに、競艇は本命決着になるレースが多いので狙えるレースを簡単に見付けられます。

一方、穴狙いは荒れる要素のあるレースを探す手間がかかったり、結局荒れずに本命決着となったりする事も多々あります。

また、穴狙いは本命狙いと異なり、的中率がかなり低いので当たるまでにそれなりの軍資金が必要となります。

ちょっとした夢を見たいという場合であれば穴狙いでも良いですが、安定して稼ぐ事が目的の場合は本命狙いを選びましょう。

優勝戦のみを狙う事で的中率・回収率をさらに安定させられる

的中率・回収率が高い2連単ですが、勝負するレースを優勝戦のみに絞る事でさらに安定感を増す事が出来ます。

その理由が「優勝戦の1コース1着率の高さ」です。

各レース場によって1コース(インコース)の勝率は大きく異なります。

1コース勝率が最も高い大村競艇場と最も低い戸田競艇場では、1コース1着率は20%以上差があります。

しかし、優勝戦のみに絞るとレース場を問わず、1コースの1着率が大幅に上昇します。

1着を1号艇に絞る事が出来る優勝戦は、他のレースと比べると比較的予想が簡単です。

さらに、節間成績や過去10走成績を比較する事で2着も絞りやすくなっているので的中率が安定します。

また、優勝戦は回収率も安定させやすくなっています。

節間で最も売上が高くなる優勝戦は、1号艇1着の舟券が最も売れますが2着の人気が割れやすいといった特徴があります。

優勝戦では、2連単1号艇1着の組み合わせの払戻オッズが極端に偏る・下がる事がありません。

同じ節間の予選や一般よりも当たった時の払戻オッズに期待が出来る事から回収率を安定させられます。

優勝戦のみを狙うと勝負出来るレース数は少なくなりますが、極端な連敗で大負け・軍資金が底をつくリスクを軽減出来ます。

レース場に合わせた買い方を覚える

どのレース場でも同じ買い方をしていると2連単でも簡単に負けてしまいます。

レース場に合わせた適切な買い方を覚える事が2連単で稼ぐ最初の一歩となります。

本命狙いをしたい場合には、1コース1着率が高いレース場を選びます。

逆に、穴・高額配当を狙いたいという場合は、1コース1着率の低いレース場を選びます。

さらに、レースの直前情報から風向きと風速に合わせた1周目1マークの展開予想も覚えましょう。

同じ風向き・風速でもレース場によって有利な決まり手が変わるのでセオリーを過信し過ぎない事が大切です。

2連単なら他のギャンブルの攻略法が活用出来る?

競艇を含む公営ギャンブルでは、他のギャンブルで使用されている攻略法・必勝法が使えないのが定説です。

その理由が「的中の低さ」でした。

しかし、1レース最大6艇、しっかりとしたレース選び・予想が出来れば的中率50%を目指す事も可能な競艇であれば話は別です。

競艇で活用出来るギャンブルの攻略法・必勝法は、よく耳にする「マーチンゲール法」と「ココモ法」の2つです。

どちらも当たるまで賭け金を増やしていくといったシンプルな攻略法となっているので誰でも簡単に使用する事が出来ます。

成功すれば確実に勝てる

マーチンゲール法は、当たるまで前回の賭け金の倍を賭けていく攻略法です。

一方、ココモ法は、前回と前々回の賭け金を足した金額を賭けていく攻略法です。

以下が賭け金100円からスタートした場合の賭け金一覧です。

マーチンゲール法・ココモ法賭け金一覧

どちらも、当たればそれまでの賭け金以上の払戻金が得られます。

しかし、この2つの方法を使用して勝つためには当たるまで辞められないので、それなりの軍資金が必要となります。

マーチンゲール法・ココモ法は的中率と払戻オッズが重要

競艇の2連単は、マーチンゲール法・ココモ法を活用する事が可能です。

しかし、適当に舟券を買っていてはいつまで経っても勝つ事は出来ません。

どちらの攻略法も基本は1点買いとなります。

重要となる的中率は、マーチンゲール法が50%前後、ココモ法が40%前後と少しハードルが高くなっています。

さらに、注意しなければいけないのが「払戻オッズ」です。

毎回賭け金が倍になっていくマーチンゲール法は「2.0倍」、少しずつ賭け金が増えるココモ法は「2.5倍」が最低ラインとなります。

最低ラインを下回る払戻オッズの組み合わせを購入してしまうと的中しても赤字になってしまうので注意してください。

当たれば勝てるがオススメはしない

マーチンゲール法・ココモ法のどちらも買い方さえ間違えなければ、舟券が当たれば勝つ事が出来ます。

しかし、競艇の2連単は1万円以上を賭けるとオッズが急激に下がる事もあり、連敗が続くと賭けられる組み合わせがなくなっていきます。

当たる可能性が低い組み合わせを買い続けるよりも、途中で損切りをした方が軍資金への影響を少なくする事が出来ます。

必ず勝てる攻略法ですが、2連単の的中率が低い人が2つの攻略法を使用してお金を稼ごうとしても痛い目を見る可能性が高いのであまりオススメは出来ません。

まとめ

競艇の2連単は、買い方をポイントを抑える事で稼ぐ事が可能な舟券です。

2連単で稼ぐには、レース選びや状況に合わせた買い方を覚える必要があります。

また、マーチンゲール法やココモ法といった攻略法でお金を稼ぐ事も可能です。

しかし、かなりの軍資金が必要だったり、2連単の的中率が平均よりも高くないと勝てない等の理由からオススメはしません。

今まで競艇の3連単であまり良い成績を残せていないという人は、今回の記事を参考に2連単で勝負してみてはいかがでしょうか。

Posted by 歴10年FG