雨の日は競艇にどう影響する?天候が悪い日の予想方法を解説!

雨の日の競艇予想が苦手な人も多くいます。

競艇は、天候に左右されやすいといった特徴があり、晴れ・微風の時とは違う考え方が必要となります。

今回の記事では、舟券を買い始めて日が浅い、雨の日のレース予想が苦手という人のために雨の競艇予想の基本を紹介します。

この記事を読んで雨の日の的中率・回収率アップを目指しましょう。

雨のレースは荒れやすいのではなく「経験の差」が出やすい

競艇の雨のレースに対して「荒れる」といったイメージを持っている人がほとんどだと思います。

しかし、実際は荒れやすいのではなく「経験の差」が出やすくなっています。

競艇は、多少天候が悪いぐらいではレースを中止する事はありません。

ベテラン選手になればなる程、雨のレースに対する対策や知識を持っています。

一方、デビューして数年以内の比較的経験の浅い選手は、雨の中でレースをした経験がない場合も珍しくありません。

どれだけ良いモーターを持っていても雨の時用の調整をしていないとパフォーマンスが大幅に下がります。

その結果、しっかりと雨天用の調整をした人気の薄いベテラン選手が入賞して配当が跳ね上がります。

競艇で稼ぐことを考えている方は、下記の競艇道がおすすめです。

自分の感覚だけで買っていれば99%の人が負けていることでしょう。

人気の競艇道を利用すれば、毎日無料で予想が届きます。

熟練の予想屋の考え方から学べることが多いですよ。

負ける人は自己流で改善ができない人と言えるでしょう。

今ならLINE友達登録無料ですぐに情報をゲットできます。(24時間対応)

>>競艇道のLINE無料登録はこちら

選手は視界が悪くなり思い切ったスタートが出来なくなる

選手に対する雨の影響として「視界の悪化」が挙げられます。

選手は、レース時にヘルメットをかぶっていますが、シールド部分に雨が当たったり雨で見通しが悪くなります。

晴れの時は、しっかりと見えていた大時計や空中線がかなり見えにくくなります。

その結果、思い切ったスタートを切れなくなり、いつもよりスタートが遅くなります。

大時計から近く、自分より内側の艇を見ながらスタート出来るアウトコースであれば、そこまでスタートが遅れる事はありません。

しかし、雨のレースの経験が少ない選手が1~3コースに入るとスタートタイミングが「0.20」前後まで遅くなりがちです。

雨のレースのスタートタイミングがバラつきやすい理由は、視界の悪化が原因です。

雨が降るとモーターの出力は下がる

雨による影響は選手だけではなく、モーターにも現れます。

雨が降ると気温が下がる事から、出力が上がると思っている人も多くいます。

しかし、実際は湿度が上がる事で吸気が下がりモーターの出力は下がります。

晴れ用の調整のままレースをするとモーターの出力の半分も出す事が出来ないとも言われています。

経験の少ない選手は、雨天用の調整が確立出来ていない事から伸びや周り足が弱くなる傾向があります。

一方、経験の多いベテラン選手の多くは、雨天用の調整をしっかりと確立しています。

雨が降ったからといってモーターの出力が大幅に下がる事はほとんどなく、いつも通りのレースをする事が出来ます。

モーター調整に関する知識・経験の差から人気の薄いベテラン選手が勝つ可能性がいつもより高くなっています。

晴れの日にはない水面状況になる事も

晴れの日と雨の日の違いとして「天候の変化」もあります。

雨の日は、晴れの日と比べると「風向き」と「風速」が変わりやすくなっています。

1レース前までは、追い風が吹いていたのに当該レースでは向かい風になっていた、風速が2mだったのに5mまで強くなっていたといった事も珍しくありません。

レース場のリアルタイムの風向き・風速を知るには実際にレース場に足を運ぶしかありません。

雨の日にレース予想・舟券を購入する時は、1レース前の情報ではなく、「直前情報」や「ピット解説」を活用する事のが基本です。

雨の日は、水面状況が変わりやすいので、前のレースまでの情報をあてにし過ぎない事が大切となります。

雨のレースの予想は直前情報が鍵を握る

雨の日のレース予想・舟券購入で、前日や数時間前から買い目を決めているという人も多いと思います。

しかし、雨の日の的中率・回収率を上昇させるには出来るだけ「直前情報」を活用する事が鍵を握っています。

雨が降る事を把握していても、レース時の雨の強さ・風向き・風速まで予想する事は出来ません。

雨の有無だけではなく、風向き・風速による「決まり手・レース展開」を加味する事が予想の精度の向上に繋がります。

安定板使用の有無を確認!

前述の通り、雨の日は天候が不安定で水面状況が短時間で変わる事が多く、雨風が強くなると「安定板」が使用される可能性が出てきます。

安定板の有無で、レース展開も変わってくるので必ず直前情報だけでも確認してください。

安定板を装着すると最大速度が下がります。

スピードが遅くなるので旋回がしやすくなる一方、全速旋回でのまくりが決まりにくくなります。

雨で安定板が装着された時は、「イン(1コース)がさらに有利になる」と覚えておきましょう。

展示航走は必ずチェック!

普段は、展示航走を見ない・気にしないという人でも、雨の日の舟券購入は展示航走をチェックをオススメします。

展示航走は、出走表では知る事が出来ない予想に役立つ情報が数多く存在するからです。

雨のレースが得意な選手・苦手な選手は、簡単に判断する事は出来ません。

インターネットで調べても、当該選手の雨のレースの成績を見つける事は容易ではありません。

しかし、展示航走ではある程度得意不得意や舟券に絡む可能性があるかどうかを判断する事が可能です。

雨のレースの展示航走で最初に注目するべきポイントは「スタート展示」です。

雨が降っている状況でしっかりとスタートをする事が出来るかを確認します。

スタートの良し悪しは、出走表に記載されている「平均スタートタイミング(ST)」を参考にすると良いでしょう。

該当選手の平均STが「0.15」だった場合、「0.12~0.18」でスタートが出来ていれば「スタートが見えている」と言えるでしょう。

逆に、スタート展示のタイミングが「0.20」より遅くなる、または「0.10」以上のフライングをしている場合は「スタートが見えていない」という事になります。

雨の日にスタート展示で大きな遅れ・フライングをした選手は、レース本番でもスタートに失敗する可能性が高い傾向があります。

次のチェックポイントは、「周回展示」と「2マークのターン」です。

雨天用の調整が出来ていないモーターは、伸びやターン直後の立ち上がりが悪いといった特徴があります。

周回展示や2マークのターンの際に、後ろの艇に追いつかれそうになっている艇はモーターの調整が出来ていないと判断する事が出来ます。

モーターの調整が出来ていない事に加えて、スタートタイミングも大幅にズレている選手は舟券から外した方が無難となります。

また、周回展示と2マークのターンでは、モーターの良し悪しと一緒に選手の「ターン」や「乗り心地」も一緒に確認しましょう。

他の艇よりターンが流れている・外に膨らんでいる場合やターンをする時にボートが激しくバウンドする等、乗りにくそうにしている選手は危険です。

展示周回だけでも「スタート展示」「モーターの良し悪し」「乗り心地」の3つを確認する事が出来ます。

雨の日に競艇で勝つには、周回展示の情報をレース展開・結果の予想に反映させる事が大切となっています。

※ なお、競艇で勝率を高めるなら勝率の高い予想を参考にするのもおすすめです。

どうしても自分だけの予想だと毎回同じような期待値になります。

負け続けている人は、負ける買い方をしているので戦略を見直す必要があります。

全国的に情報を最速キャッチ、プロの予想屋情報を参考にしたい方はこちらの無料登録がおすすめです。

競艇予想のおすすめなら激船!無料登録はこちらから>>

激船

展示タイムから判断するのも効果的!

競艇を始めて間もない人の中には、周回展示を見ても判断出来ない!という人も多くいます。

競艇初心者や周回展示から本命選手を決める事が苦手な人にオススメとなる予想方法が「展示タイム」です。

雨の日は、モーターの吸気が下がりモーターの出力が間違いなく下がります。

雨天用の調整が出来ていない選手のモーターは、自然と展示タイムが悪くなります。

他の選手より大幅に展示タイムが遅い選手は、モーター調整が合っていない、またはモーターの出力が下がり過ぎているという可能性が高くなります。

買い目・購入点数を減らしたい時には、展示タイムの悪い選手から切っていくという人も珍しくありません。

また、展示タイムが悪いという事は、モーターにパワーがないという事でもあります。

パワーのないモーターは、他の選手と競ると下がっていったり引き波に乗ると大幅に減速する可能性があると覚えておきましょう。

選手の腕の差から選ぶ

選手の経験やモーターの良し悪しが判断しにくいレースも多々あります。

そんなレースは、単純に選手の腕の差から選ぶのも良いでしょう。

「選手の階級 A1>A2>B1>B2」「全国・当地勝率」、さらに「モーター連対率」からも選ぶ事が出来ます。

階級が高い選手は、腕が良いだけではなく整備力も他の選手より高くなっています。

また、全国・当地勝率の高さも比較ポイントの1つです。

しかし、全国・当地勝率から選手を選ぶ場合は、「当地勝率」を判断基準にしましょう。

全国勝率より当地勝率の方が低い選手は、当該レース場を苦手としている場合が多いからです。

最後のモーター連対率は、選手の階級や全国・当地勝率から選べなかった時に比較します。

雨の日は、パワフルなモーターを持っているというだけで他の選手より多少有利になるからです。

ずば抜けた連対率の超抜・エースモーターを持っている選手がいれば要チェックとなります。

まとめ

雨の競艇のレースは、選手の視界が悪くなるだけではなくモーターの出力が下がるといった影響が出てきます。

雨天用のモーター調整を行わないとレースでかなり不利になる事から、雨のレースは選手の経験の差が出やすくなります。

競艇で最も有利な1コースでもモーター調整が合っていなかったり、雨のレースに慣れていないと簡単に負けてしまいます。

逆に、しっかりとモーター調整が出来ていればチャンスが増えるという事です。

雨のレースの的中率・回収率を上げるには、直前・展示航走の情報を活用する事が大切となります。

今まで雨のレースでなかなか舟券が当たらなかったという人は、今回紹介した予想方法の基本・ポイントを参考にしてみてください。

※ なお、競艇で勝率を高めるなら勝率の高い予想を参考にするのもおすすめです。

どうしても自分だけの予想だと毎回同じような期待値になります。

負け続けている人は、負ける買い方をしているので戦略を見直す必要があります。

全国的に情報を最速キャッチ、プロの予想屋情報を参考にしたい方はこちらの無料登録がおすすめです。

競艇予想のおすすめなら激船!無料登録はこちらから>>

激船

Posted by 歴10年FG