競艇配当の基本的な考え方!配当の計算方法や払い戻しの割合とは?

ちゃんと理解出来てる?競艇の配当金の仕組み
近年、モータースポーツの1つとして人気を集めている競艇ですが、やっぱり根本はギャンブルです。

選手の豪快なターンや白熱したレース展開も競艇の魅力の1つですが、舟券を当てる事が目的の人がほとんどだと思います。

しかし、競艇歴が長い人でも「配当金の仕組み」を理解している人は意外と多くいません。

今回は、競艇の配当金の仕組みと一緒に平均配当金や過去の最高配当金も紹介していきます。

配当金の総額は売上の75%

競艇の配当金は「払戻金」の事を指しています。

競艇を含む公営ギャンブルでは、売上が確定すると最初に運営が「25%」を持っていきます。

この売上の25%は、利益だけではなく運営費や選手の賞金といった様々なものに使用されています。

そして「残った売上の75%」を舟券が当たった人で山分けをするのが競艇というギャンブルです。

公営ギャンブルは、最初に運営が利益を確定させている事から「運営(胴元)が負ける事がないギャンブル」と言われています。

配当率の計算方法

少し難しい話になりますが、競艇の配当率(オッズ)は計算する事が可能です。

計算しなくても、テレボート等のオッズ表を確認すればリアルタイムの配当率を確認出来るので覚える必要はありません。

配当率の計算は「売上の75%を当たり舟券の売上で割る」事で計算する事が出来ます。

1レースの売上が1000万円だった場合、最初に運営が25%を持っていくので配当金は750万円となります。

レースでは、1着になったのが3号艇だったとします。3号艇の単勝舟券の売上が300万円だった場合は、

「750万円(配当金)÷300万円(当たり舟券の売上)=2.5倍」

上記となります。

競艇の配当率は、売上が低い舟券になればなるほど、倍率が跳ね上がっていく事となります。

強くて人気のある選手ではなく、あまり強くない1着を期待されていない選手が1着になった時の方が配当率が高いという事です。

配当金・配当率は舟券の種類別で計算されている

配当金・配当率は「舟券の種類別で計算されている」といった特徴があります。

「全ての売上から計算している」と勘違いしている人も多いので注意しましょう。

公式ライブ映像で流れるオッズ表の下には、しっかりと舟券別の売上が表示されているので確認してみてください。

競艇の配当率は売上が少ないと変動しやすい

配当率(オッズ)が売上から計算されている事は理解出来たと思います。

平日のモーニングレース等の売上があまり高くないレースで、短時間にオッズが下がったのを見た事がある人も多いと思います。

何度も解説している通り、競艇のオッズは売上に影響されます。

単勝や複勝といった売上が極端に少ない舟券は、誰かが1点に1万円を賭けただけでもオッズが動きます。

売上が少ないレース・舟券に大きい金額を賭ける時は、オッズが下がる事を覚悟しましょう。

どうしてもオッズを下げたくないという場合は、購入する人が少ない舟券でもある程度売上が期待出来るグレードの高いレースや優勝戦がおすすめです。

気になる舟券別の平均配当金はいくら?

配当金や払戻オッズの話題になると気になってしまうのが「平均払配当金」ですよね。

大まかな計算となりますが、各舟券の平均配当金は以下となります。

・2連単 1800円
・2連複 900円
・3連単 7300円
・3連複 1200円

予想していたよりも平均配当金が高かったという人が多いのではないでしょうか?

これにはちょっとしたカラクリがあります。

平均金額に騙されない!中央値はもっと低い

各舟券の平均配当金を見た時に多くの人が「絶対そんなに高くない!」と感じましたよね?

その感覚は間違いではありません。

平均配当金は、払戻オッズが500倍や1000倍を超える特大万舟が含まれているからです。

平均の計算方法では、極稀にしか出現しない特大万舟が平均を大きく引き上げてしまっています。

多くの人がイメージする「平均」とは「中央値」の場合がほとんどです。

配当金を中央値で見ると全ての舟券が半分以下となるでしょう。

2連単であれば「700円前後」、3連単も「2000円前後」と納得出来る金額となっているはずです。

平均配当金が高さに騙されないように気を付けてください。

過去の最高配当金っていくら?

平均配当金の話題が終わった後には「過去の最高配当金」の話題になるのが自然な流れです。

1年間で数え切れない程のレースが行わている競艇ですが、意外と最高配当金の更新は起きていません。

その理由として、2000年代中盤から競艇人気が下火になった事が挙げられます。

売上の総額が高くなかれば配当金もなかなか上がらなくなるからです。

ここ数年は、テレビCMでのイメージアップや動画・ライブ配信による新規顧客の獲得に成功しているので売上も回復しています。

過去最高売上を記録しているレース場や大会も多いので、大波乱によって最高配当金の更新がそろそろ起きるかもしれません。

3連単の最高配当金は驚愕の「68万円」

競艇の過去最高配当金は、2011年5月22日の徳山競艇場で出ています。

一般戦の5日目2レースと大きな大会でも優勝戦でもありませんでした。

「6827.6倍」という驚きの払戻オッズを叩き出しています。100円が68万円になるという一攫千金を経験した人が日本のどこかにいます。

配当金の高さも話題になりましたが、それよりも注目を集めたのが「レース結果」でした。

高額の配当金が出る時のほとんどは、5号艇・6号艇が1着となっています。

しかし、このレースの結果は「4-5-2」と4号艇が1着で6号艇が舟券に絡んでいませんでした。

4号艇の1着が過去最高配当金を記録するとは誰も予想出来なかったでしょう。

歴代最高配当金一覧を見ると、やはり6号艇が1着になっているレースばかりでした。

この「4-5-2」による68万舟がどれだけ凄いのかという話題は今でもファンの間で語られているようです。

2連単の最高配当金は「57万円」

2連単の最高配当金は3連単の足元にも及ばないと考えていませんか?

残念ながら、2連単の最高配当金も化物級でした。

2016年5月24日、芦屋競艇場の一般戦3日目1レースで出ています。

2連単の最高配当金は、先程紹介した3連単の最高配当金よりも珍しいと言えるでしょう。

払戻オッズは、2連単としては異次元の「5799倍」でした。

的中率1/30の2連単の舟券を100円がレース終了後には、57万円になるとは誰も思いませんよね?

この2連単の配当金は、全体の歴代最高配当金ランキングの4位となっています。

どれだけ競艇の売上が増えてもこの2連単の配当金を超えるレースは出ないと言われています。

このレースは、デビューしたばかりの新海航選手が6号艇から差しによる1着を獲得しています。

1号艇に現在もA1級で活躍している福来剛選手がいた事や天候や風も良好でした。

荒れる要素はないと判断した人がほとんどで、新海選手の差しが届いて福来選手が着外になるという大波乱が起きました。

因みにこのレースの3連単の配当金は「2263.1倍」となっています。

2連単で超高額の配当金が出ただけではなく、3連単の配当金よりも2連単の配当金の方が高いといった珍しい事が起きたレースでもあります。

まとめ

リアルタイムの払戻オッズが簡単に確認出来る事から、配当金の仕組みや計算方法を覚える必要はありません。

しかし、配当金の仕組みを理解しておく事で、また違った競艇の楽しみ方に気付くきっかけになるかもしれません。

締め切り時間まで変動を続ける払戻オッズを見ながら、新しい予想方法を考えてみるのもおすすめです。

Posted by 歴10年FG