競艇の勝ち組と負け組の違い!どの点が大きく変わる?

競艇で生涯成績・トータル収支がプラスになっている人を「勝ち組」逆に、生涯成績・トータル収支がマイナスになっている人を「負け組」と表現します。

調べてみると競艇の勝ち組と負け組には、それぞれ異なる共通点が見付かりました。

今回は、競艇の勝ち組と負け組の大きな違いを解説していきます。

勝ち組と負け組の違いは「勝負するレースの数」

競艇の勝ち組と負け組を比較した時に、最も大きな違いとして「勝負(舟券を購入)するレース数」が見付かりました。

勝負するレース数が違うという情報だけ聞くと、勝ち組の方が購入レース数が多いと考える人が多くいます。

しかし、実際は勝ち組の方が勝負するレース数が少なくなっていました。

負け組の多くは、1日で出来るだけ多くのレースで勝負をしようと考えていました。

一方、勝ち組の多くは勝負レースを決めてそれ以外のレースには全く手を出していませんでした。

競艇の勝ち組になるのは、まずはレースの厳選を始める事が必要です。

勝負するレース数が少ない方が勝てる理由

競艇で舟券を購入している人の平均回収率は「約75%」です。

これは、還元率と同じ数値で毎年確実に全体の平均回収率は「75%前後」に収まります。

平均回収率が75%という事は、100円賭けた時の期待値(払戻金)は「75円」です。

1点100円の舟券を買う毎に25円損をしていると考える事が出来ます。

要するに、競艇は賭ければ賭ける程負けやすいギャンブルだという事です。

競艇で勝つためには、平均回収率に近づかないようにベッドする回数を減らす事が必要となります。

競艇勝ち組の多くは、競艇が負けやすいギャンブルだという事を理解して必要最低限のレースでしか勝負をしていません。

一方、負け組は、少しでもプラスになるとプラス分をさらに増やそうと勝負を続行してしまい、知らない間に平均回収率に自分から近づいていっているのです。

勝ち組は損切りも早い

勝ち組と負け組の違いとして「損切り判断のタイミング」も挙げられます。

購入した舟券がなかなか当たらずに、マイナスばかりが増えてきた時、負け組は「取り返そう」と必死になります。

何度も言うように、競艇は賭ければ賭ける程、負けやすくなるギャンブルです。

少しでもマイナスを取り返そうと、ナイターの最終レースまで舟券を購入し続けるとマイナスが増えていくだけです。

一方、勝ち組は1日や1週間でマイナスになっても自棄になったり、取り返そうと必死になる事がありません。

勝負するレースのみ舟券を購入して、勝っても負けても予定にないレースで舟券を購入する事は絶対にありません。

勝ち組は、「負けは負け」とスッパリと諦めて(損切りをして)予想を外した原因や反省を行います。

予定にないレースの予想をしても、そこまで的中率・回収率が高くない事やマイナスが増えるリスクの方が大きい事を知っているからです。

勝ち組になるには、予想・舟券を外しても当日に無理やり取り戻そうとせずに、冷静でいる必要があります。

払戻オッズが低い本命も資金配分で取り逃がさない

競艇は、3連単の1~3番人気の払戻オッズが「10倍以下」となっているレースも珍しくありません。

負け組の多くは「払戻オッズが低くて買えない!」と人気の組み合わせを敬遠しています。

負け組は、舟券を購入する時に各組み合わせの賭け金を「均一」にしてしまいがちです。

1点あたりの賭け金を均一にすると、購入金額より低い払戻オッズの組み合わせが購入出来なくなります。

人気決着になる予感があっても、払戻オッズの低さで購入出来なかった事から舟券を外してマイナスが増えていきます。

一方、勝ち組は払戻オッズの低い組み合わせも取りこぼす事なくゲットしています。

1点に賭ける金額を払戻オッズに合わせて調整しています。

払戻オッズが低い組み合わせには賭け金を増やして、逆に払戻オッズが高い組み合わせは賭け金を減らします。

そうする事によって、人気決着した場合でもしっかりとプラスを得られるようになります。

レース場のマークシートで舟券を購入している場合は、払戻オッズに合わせて賭け金を自分で計算する必要があります。

しかし、インターネット投票(テレボート)であれば、ボタン1つで簡単に資金配分を行う事が出来ます。

資金配分は、どの組み合わせが当たってもプラスになるといったメリットがあります。

しかし、ギャンブルのドキドキやスリルを味わう事が出来なくなります。

勝ち組は収支をプラスにする事を重視して、負け組はギャンブルのドキドキを重視しているといった違いもありました。

競艇を投資として考えている

勝ち組には「競艇を投資として考えている」といった共通点もあります。

競艇は、考え方や賭け方を変えるだけでギャンブルから投資へと変わります。

実際に勝ち組の人は、競艇でお金を稼ぐ・増やす事に成功していますよね。

競艇の勝ち組になるには、ギャンブルだという固定概念を捨てて勝ちに拘る賭け方を追求する事が需要となります。

負け組から勝ち組になる事は出来る

現在、競艇で負けている人でも今から勝ち組になる事は出来ます。

競艇の勝ち組の人の多くは、専門的な知識や長年の経験もなく同じ「初心者」からスタートしているからです。

勝ち組になるための条件に、多額の軍資金は必要ありません。

競艇に対する考え方を変えるだけで勝ち組に近づけます。

まずは1日に勝負するレースを減らす

今から勝ち組になるには、勝ち組と負け組の大きな違いだった「勝負するレース数」を最初に意識する事が大切です。

今までのように手当り次第舟券を購入する事が出来なくなります。

1日多くても5レース程度まで抑える事から始めると良いでしょう。

前日にある程度勝負するレースの目星を付けておき、当日の周回展示の様子や展示タイムで最終的な判断を行います。

少しでも不安があるレースは、舟券の購入を見送り自信があるレースだけで勝負をしてください。

1日で勝負するレース数が減った事で時間に余裕が生じます。

その結果、1レースにかける予想の時間が増えるので予想の精度が向上します。

さらに、今まで10レース以上に振り分けていた軍資金を数レースに集中させる事が出来るようになります。

その結果、当たった時の儲けが今までよりも多くなり、回収率が向上するといった相乗効果が得られます。

払戻オッズに合わせて賭け金を調整

競艇で勝つためには「払戻オッズが低くて買えない!」を辞める事が必須となります。

買いたい組み合わせの払戻オッズが低い場合は、他の組み合わせより多めに賭けるよう調整してください。

舟券が当たった時は、組み合わせを問わず必ず収支がプラスになるように賭けると良いでしょう。

勝負レースが残っていても勝っていれば逃げてOK

当日の早い段階である程度まとまったプラスを得られた場合は、舟券を購入する予定だった勝負レースが残っていても撤退してOKです。

競艇で勝つためには、基本的に「勝ち逃げ」をする事が必須となるからです。

最初の数レースで目標・満足出来る金額を稼げた場合や予想に自信がなくなった場合は、素直に撤退して翌日以降に勝負をしましょう。

早めの撤退(勝ち逃げ・損切り)は問題ありませんが、追加の舟券購入だけは絶対にしないように徹底してください。

まとめ

競艇の勝ち組と負け組で最も違うのが勝負するレース数でした。

それ以外にも、損切りの早さや舟券の賭け方といった細かな違いがありました。

現在、負け組でも勝ち組の考え方や舟券の買い方を真似するだけで、的中率・回収率が改善する事も珍しくありません。

より貪欲に勝ちを目指したいという人は、今回紹介した勝ち組の人の共通点を意識しながらレース予想や舟券購入をしてみてはいかがでしょうか。

Posted by 歴10年FG