競馬の回収率の平均はどれくらい?馬券種別の回収率の仕組みも解説

競馬をする時に気にする人が多いのが「回収率」です。

回収率は、収支を知る事が出来るだけではなく、競馬の予想の上手さ・下手さの判断等にも使えます。

自分の回収率が平均よりも高いのか低いのかが気になった事があるという人も多いと思います。

そこで今回は、競馬の回収率の平均と馬券種別の回収率の仕組みを解説していきます。

競馬の回収率の平均は「75%」

競馬の回収率の平均は「約75%」となります。

競馬を含む公営ギャンブルは、各レースの売上から先に25%を回収しています。

残った売上の75%を配当金として馬券を購入したユーザーに還元しています。

各レースで勝っている人もいれば負けている人もいますが、本命・大穴決着を問わず毎レースの全体の回収率は75%となります。

個人間の回収率に差が出来る理由は「試行回数」

競馬の平均回収率が「75%」だと聞いて、「そんなに高く(低く)ない!」と感じる人も多いと思います。

その理由が「試行回数」です。

平均回収率(還元率)が75%の競馬は、100円を賭ける毎に25円を損していく計算になります。

もちろん、大穴馬券が当たった事で25円を損する事なく儲けられる事もありますし、逆にしっかりと25円損をする事も多々あります。

競馬を始めて日が浅い人や馬券を購入する機会が少ない人は、試行回数が少ない事で回収率がブレやすくなっています。

回収率が平均から大きく離れている人のほとんどは、馬券を購入した回数が極端に少ない傾向があります。

もちろん、馬券を購入する回数が多いのに回収率が平均よりも遥かに高い人も存在しますが、ごく一部となっています。

多くの人は、馬券を購入する回数が増えれば増えるほど、回収率は平均の75%に近づいていきます。

的中率を重視すると回収率は下がる

回収率を上げるために「的中率を重視する」といった人も少なからず存在します。

全く当たらないよりも少しでも当たった方が回収率が安定すると考えがちになりますが、実は正反対となります。

的中率を重視する、的中率を上げるには「購入点数を増やす」といった簡単な方法が存在します。

競馬は、1レースで購入する点数を増やせば自然と的中率は上がります。

しかし、購入点数が増えるという事は「100円を賭ける機会が増える」という事でもあります。

100円賭ける毎に25円損をする馬券を購入する機会が増えるという事は、回収率を平均に収束させたり下がる事に繋がります。

現在の回収率が平均や平均以下の人が実践してしまうと、平均に近づくどころか大幅に下回ってしまう事になります。

また、1レースに賭ける金額は同じで1点に賭ける金額を減らして購入点数を増やすといった方法も危険です。

馬券が当たる可能性は上がりますが、当たった時の利益が減る事になるからです。

的中率の重視は回収率の低下に繋がりやすいので注意しましょう。

馬券種を変えても回収率の劇的な変化は望めない

購入点数を増やすのではなく、「当たりやすい馬券種を変えて回収率を上げる」といった方法を思い付いた人も多いのではないでしょうか?

競馬には、複勝・馬連・3連複といった人気の馬単・3連単よりも当てやすい馬券が存在します。

残念ながら馬券種を変えても回収率の劇的な変化は望めません。

確かに、複勝等の当てやすい馬券をメインにする事で的中率は多少向上するかもしれません。

しかし、当てやすい馬券は「払戻オッズが低い」といった特徴があります。

当たっても大きな儲けを得る事が出来ないだけではなく、1レースの勝ち分が次のレースでなくなる事も珍しくありません。

さらに、払戻オッズの低さから購入点数を極端に絞る必要も出てきます。最も当てやすい複勝になると1レースで1点しか購入する事が出来なくなります。

勝負する馬券種の変更は、的中率・回収率に多少影響が出る事はあっても劇的に向上させる事は難しくなっています。

実は馬券種によって平均回収率は異なる

競馬全体の平均回収率が75%だという事を知っている人は多くいます。

しかし、「馬券種によって平均回収率が異なる」という事まで把握している人は、意外と少ないようです。

全ての馬券種の平均が75%、それぞれの馬券種によって少しずつ回収率が違うという事も覚えておきましょう。

競馬の馬券種別の平均回収率は以下となります。

・単勝 複勝 80%
・馬連 枠連 ワイド 77.5%
・馬単 3連複 75%
・3連単 72.5%
・WIN5 70%

以上となります。

ひと目見ただけで違いに気付いた人は多いと思います。

競馬では「ギャンブル性の高い馬券ほど回収率が低い」といった特徴があります。

当たれば一攫千金も夢じゃないWIN5の平均回収率を見て驚いた人が多いのではないでしょうか?

一攫千金に期待が出来るWIN5を当てるのがどれだけ大変なのか平均回収率を見るだけでも分かりますよね。

平均回収率を超える事は可能

平均回収率が75%だという事から「平均を超える事は無理?」とガッカリする人も多くいますが、平均回収率を超える事は可能です。

実際に、毎年回収率が80~90%の人もいますし、ほんの一握りですが年間の回収率が100%を越えている人も存在しています。

回収率が高い人には「回収率を安定・向上させるコツの把握・実践」といった共通点がありました。

的中率は気にしない

上記でも解説した通り、競馬で的中率を意識し過ぎると回収率はドンドン下がったり、平均に近づいていきます。

回収率の安定・向上を目的とするのであれば「的中率は気にしない」事が一番です。

極端に購入点数を減らす必要はありませんが、必要最低限は購入点数を抑えるようにしましょう。

レースが終わった後に感じる「この買い目は無駄だったな」という買い方は辞めましょう。

出来るだけ購入点数を絞って自信のある買い目1点に賭ける金額を増やした方が回収率は安定・向上します。

平均回収率の高い馬券をメインにする

競馬を始めて日が浅い人でも簡単に実践出来る回収率アップの方法として「平均回収率の高い馬券をメインにする」といった方法が挙げられます。

3連単といった当てるのが難しく、平均回収率が低い馬券で勝負を続けるよりも、馬連やワイドといった馬券で勝負をするだけです。

そもそもの平均回収率が3連単やWIN5よりも高いので、回収率の平均越えにも期待が出来ます。

100円毎に27.5円を損する3連単と100円毎に22.5円を損する馬連・枠連・ワイドでは、どちらが損をしにくいか考えると一目瞭然ですよね。

レースに応じて購入する馬券を変えていく

ある程度競馬の知識や経験を積んだ際には、「レースに応じた馬券選択」も覚えていくと良いでしょう。

もちろん、上記で解説した通り平均回収率の高い馬券で勝負し続けるのも効果的です。

しかし、予想に合わせて購入する馬券を変えるといった戦略を覚えていても損はありません。

本命決着だと予想したレースは、点数が絞りやすいですよね?

そのような時には、思い切って3連単で勝負して回収率の底上げを狙う事が出来ます。

逆に、混戦でどの馬が馬券に絡むか判断が難しい時は、ワイドや3連複等がおすすめです。

当たった時の払戻オッズは3連単には及びませんが、ワイドや3連複なら少ない点数でも取り逃す可能性が低いからです。

このようにレース予想・状況に合わせた馬券選択が出来るようになると戦略の幅も広がり、結果として回収率の安定に繋がります。

まとめ

競馬の平均回収率は「75%」でした。

しかし、馬券種によって少しずつ平均回収率が異なるといった点には注意が必要です。

また、平均回収率が75%だからといって馬券を買うユーザー全員が負けるわけではありません。

回収率が安定・向上する予想・馬券の買い方を覚えながら競馬を楽しんでみてください。

Posted by 歴10年FG