初心者におすすめの競馬新聞!どれを選べばいいの?

競馬の予想をする時に役立つのが「競馬新聞」です。

出走表だけではなく、記者が見た情報といった様々な情報を仕入れる事が出来ます。

しかし、コンビニでは多種多様な競馬新聞を販売しています。

競馬初心者の人からすると、どれを選べば良いか分からないですよね?

そこでこの記事では、初心者におすすめの競馬新聞を紹介します。

おすすめの競馬新聞5選

ここからは、初心者におすすめの競馬新聞を5つ紹介していきます。

それぞれの新聞の特徴も記載していくので、参考にしてみてください。

気になる新聞があれば、一度購入して情報量や内容をチェックしてみてください。

競馬エイト

初心者向けの競馬新聞として最初におすすめしたいのが「競馬エイト」です。

産業経済新聞社が「サンケイスポーツ特別版」として、発行している専門紙となります。

1971年4月25日創刊と、50年を超える長い歴史を持つ競馬新聞としても知られています。

競馬エイトの特徴として「カラー新聞」であるといった点が挙げられます。

モノクロの専門紙が多い中、見やすいカラーを使用しているので、競馬を始めたばかりの初心者でも「どこを見れば良いのか」ひと目で判断する事が出来ます。

もちろん、専門紙なので往日の全レース場の全レースの情報を網羅しています。

さらに、競馬エイトは「個性的な記者が揃っている」といった点でも人気を集めています。

過去データに取材で得た情報や記者独自の閃きを加えた買い方など、全く異なる個性を持つ記者が集まっています。

記者数が多い事から、自分の感覚と合う記者を探して参考に出来るというのも競馬エイトの強みと言えるでしょう。

競馬ブック

「競馬新聞といえばコレ!」という根強いファンが多いのが「競馬ブック」です。

競馬エイトよりも長い歴史を持つ専門紙で、業界トップクラスの情報収集能力を持つと言われています。

一般の競馬ファンや他の競馬記者が得られない情報を掲載する事も珍しくありません。

「レースに勝つ馬」を探す事を得意としている新聞なので、本命狙いをしたいというユーザーから高い支持を集めています。

専門紙ではありますが、初心者の人でも理解しやすい内容となっています。

しかし、出走表の表記方法が他の新聞とは異なり、横表記なので慣れるまでに時間がかかる、慣れると他の新聞を買った時に違和感が生じるといった点には注意が必要です。

優馬

過去に競馬の神様「大川慶次郎」さんが所属していた「優馬」もおすすめの競馬新聞の1つです。

他の競馬新聞と比べると、見やすいフォントと文字配置が行われているので、細かい字を見るのが苦手だという人向けの新聞となっています。

また、「予想が分冊されている」といった珍しい新聞でもあり、気になるレースや購入したいレースを分けて使う事が出来ます。

文字の見やすさ、使い勝手の良さは、競馬新聞の中でトップクラスだと評判です。

さらに、専門紙では珍しい「穴狙い」や「回収率重視」の予想をしている新聞でもあります。

他紙では、褒めちぎられている有力馬の悪い箇所をズバズバと言い切るといった点が気に入っているファンも多いようです。

予想情報以外のコンテンツにも力を入れていて、読み物としてのクオリティーも高い新聞です。

東京スポーツ

スポーツ紙の中で初心者におすすめなのが「東京スポーツ」です。

「大阪スポーツ」や「中京スポーツ」も地名が違うだけで同じスポーツ紙なので間違えないようにしましょう。

東京スポーツは「前日から詳しい情報が仕入れられる」といった魅力があります。

朝刊だけではなく夕刊も発行しているので、レースの前日から予想を楽しむ事が出来ます。

スポーツ紙なので、注目レース以外の情報は少ない分、メインレースに関する情報はかなり豊富です。

予想の定評がある記者や競馬番組に出演している記者等、有名競馬記者が予想を行っています。

さらに、爆笑問題の田中裕二さんやプロ野球選手の田中将大投手といった知名度の高い有名人の予想も掲載しています。

競馬情報と一緒に芸能情報等を見る事が出来たり、エンターテイメントとして競馬を楽しみたい人にピッタリな競馬新聞となっています。

日刊スポーツ

スポーツ紙で人気の「日刊スポーツ」も競馬新聞として高い人気を集めています。

普段から注目レースに出走する競走馬の調教情報を取り扱っている等、スポーツ紙の中では情報量は多めとなっています。

活字だけの情報だけではなく、イラスト・写真を使用した分かりやすい内容は初心者向けだと言えるでしょう。

専門紙とスポーツ紙は情報量が違う

コンビニで購入出来る競馬新聞には「専門紙」と「スポーツ紙」の2種類が存在します。

どちらも、競馬予想に役立つ情報が記載されていますが「情報量」に大きな差があります。

販売価格もかなり違うので、安く買えるという理由でスポーツ紙を選んでいるという人も多いのではないでしょうか?

しかし、競馬で勝つためには、自分のスタイルに合った競馬新聞を選ぶ事も大切なんですよ。

専門紙

競馬新聞の専門紙は「完全に競馬に特化した情報のみ」が記載されている新聞です。

当日に開催されるレース情報と出走表(馬柱)のみが記載されています。

注目度の高いメインレースや重賞レースだけではなく、新馬戦や未勝利戦の詳しい情報を得る事も出来ます。

さらに、専門紙に選ばれた記者のレース展望・見解や大まかな予想を載っています。

専門紙があれば、他の情報ツールはなくても良いという競馬ファンも多くいるアイテムです。

しかし、情報量が多い事から、スポーツ紙と比べると販売価格が「500円」と高いといった点には注意しなければいけません。

スポーツ紙

スポーツ紙は、文字通りスポーツ全般を取り扱う新聞です。

土日になると競馬情報が掲載されている事から、スポーツ紙を競馬新聞と呼ぶ人も多くいます。

「土日」に限定すれば、当日開催されるレースの出走表は記載されています。

メインレースであれば、専門紙と同じレベルの濃い情報が載っている事も珍しくありません。

しかし、注目度の低いレースに関する情報は、あまり多いとは言えません。

スポーツ紙は、販売価格が「150円」前後とリーズナブルな価格で購入出来るといった点もメリットとなっています。

自分のスタイルに合った競馬新聞を探そう

一見すると同じに見える競馬新聞ですが、実は出走表以外は内容が大きく異なります。

それぞれの新聞の特色を活かした取材内容やレース予想、馬券の買い方が掲載されています。

本命狙いを得意とする新聞があれば、穴狙いに定評がある新聞もあります。

数多くある競馬新聞の中から、自分の予想スタイルに合った新聞を探してみてください。

まとめ

競馬新聞が自分に合っているのかどうかは、実際に新聞を購入して読んでみるまで分かりません。

今回紹介した競馬新聞の中で気にあった新聞があれば、ぜひ試しに購入してみてください。

また、競馬新聞は出走表や予想情報だけではなく、面白いコラム等のコンテンツも充実しています。

新聞全体に目を通すだけでも、かなり勉強になるので時間のある時にしっかりと読んでみてはいかがでしょうか?

Posted by 歴10年FG