競艇で勝つ人の特徴は何が違う?違いを調査

競艇はギャンブルなので勝つ人がいれば負ける人がいるのは当たり前ですよね。

競艇歴が少し長くなり、「競艇で勝つ人の特徴は何が違う?」という点が気になり始めたという人も多いのではないでしょうか?

調べてみると、同じように予想をして舟券を買っていても、勝つ人と負ける人には大きな違いがありました。

そこで今回は、調査して判明した競艇で勝つ人の特徴を徹底解説していこうと思います。

1日に買うレースが少ない!多くても5レース程度

競艇で勝つ人の特徴・共通点を調査した時に、最初に見つけたのが「1日の舟券購入回数」です。

勝っている人の多くは、1日たった数レースしか舟券を買っていませんでした。

さらに、1日たった数レースだけで勝てる理由を調べてみると、しっかりとした理由がある事が判明しました。

競艇で勝つためには、まずは購入するレースを厳選する事から始めるのが良さそうです。

舟券を買うレースが増えると負けやすくなる

「勝てるなら出来るだけ多くのレースで舟券を買った方が良くない?」と思いましたよね?

ですが、実は競艇は「舟券を買うレース数が増えると負けやすくなるギャンブル」なので、その考えは危険なんですよ。

競艇を含む公営ギャンブルは、売上が確定(舟券販売の締め切り)すると、運営費や利益を確保するために25%を持っていきます。

残った75%を舟券が当たった人に配分するといったギャンブルとなっています。

なので、競艇の還元率は75%となり、期待値も75%となります。

理論的に解説すると、100円を賭ける度に25円を損していくという事です。

もちろん、100円が1000円になる事もあれば、100円が0円になる事もあります。

その平均が75円だと考えてください。

100円を買えば買うほど、25円損をしていく事から、競艇で勝っている人は無駄なレースで勝負をする事を避けます。

1日3~5レースまで厳選している人が多いようです。

企画番組や優勝戦を狙う

舟券を買うレースを厳選すると言われても、何から始めれば良いか判断に困りますよね。

競艇で勝っている人の多くは「企画番組」や「優勝戦」に狙いを絞っている事が分かりました。

企画番組とは、売上を上げるために予想しやすい、買いやすい選手・枠番が組まれているレースの事を指します。

多くの企画番組では、1号艇にA級選手+1~2艇のA級選手といったレースになっています。

1号艇にA級の選手がいる事でイン逃げの成功率が格段に上がりますよね?

さらに、もう1人もしくは2人のA級選手も舟券に絡む確率が高いので、かなり予想がしやすくなっています。

もう1つの優勝戦も狙い目だと言われています。

優勝戦の枠番は、基本的に「節間で調子が良い選手が順番に配置されている」といった特徴があります。

1号艇は、節間で最も調子と成績が良い選手なので1着になる確率が普段よりも高くなっています。

実際のデータを見ても、全24場の全てのレース場で優勝戦の1号艇は1着率が大きく跳ね上がっています。

企画番組と優勝戦に狙いを絞る事で、波乱なく安定して舟券を当てる事が出来るようになります。

レースを厳選すると予想にかける時間が確保出来る

1日に10レース以上購入した事がある人なら、「舟券を買う作業が忙し過ぎてしっかりと予想をする時間がない」といった経験をした事がありますよね。

「予想をする時間=勝率」にはなりませんが、しっかりと予想をしたレースと適当に舟券を買ったレースでは、やはり的中率や回収率に差が生じます。

競艇で勝っている人の多くは、前日にある程度舟券を購入するレースを厳選しています。

前日に厳選したレースの中から、展示航走を見て勝てると判断したレースだけ、さらにしっかりと予想をします。

慌ただしく舟券を買う必要がないので、展示航走から舟券販売の締め切りまでじっくりと予想が出来るというのもレースを厳選して得られるメリットと言えるでしょう。

無駄な舟券は買わない!出来るだけ購入点数を絞る

レース結果の予想をしている時に、外したくないという理由からアレもコレもと様々な組み合わせを選んでしまい気付けば購入点数が多くなっているという人も多くいます。

確かに購入点数を増やすと的中率は上がります。しかし、当たった時の「儲けが減る」といった点に気付いていますか?

1レースの儲けが減るという事は、長期的な負けに直結します。

競艇で勝っている人のほとんどは、無駄な組み合わせを省き、必要最低限の買い目で勝負をしています。

本命決着なら6~8点、穴狙いでも20点以下、とどれだけ無駄な舟券を省けるかが勝利の鍵を握っているようです。

ハズレ舟券は全て無駄になる事を忘れない

やっぱり、購入した舟券が当たると嬉しいですよね。

舟券が当たった時の快感を得るために、購入点数を増やしている人もいますが、「ハズレ舟券は全て無駄になる」という事を忘れていませんか?

例えば、払戻金額が1000円の時、

800円分の舟券を購入したケースと500円分の舟券を購入したケースでは、どちらが儲けが大きいでしょうか?

一目瞭然、500円分のケースですよね。

同じケースを10回繰り返すと、3000円も差が生じます。

無駄な舟券を省く事がどれだけ

しかし、これは「舟券が当たった時のパターン」です。

「舟券が外れた時のパターン」を考えてみましょう。

上記と全く同じケースでも、無駄な舟券を省いていると1レースの負け額は500円で済みますが、購入点数を増やしていると800円も損をする事になります。

購入点数の増やし過ぎは、当たった時は儲けが少ないのに、外した時の負債が大きいといったデメリットしかありません。

どれだけ無駄な舟券を省けるかが競艇で勝つための重要なポイントの1つと言えるでしょう。

本命狙いに絞る

「1レースで10万円以上!」「500倍以上の特大万舟!」といった一攫千金を狙いたくなるのがギャンブルです。

もちろん、多くの競艇ユーザーも同じく一攫千金を夢見ています。

しかし、競艇で勝っている人は、かなりリアリストで一攫千金の夢を追っている人はほぼ皆無です。

寧ろ、堅実に本命決着をするレースを探してコツコツと勝ちを積み重ねていっている人がほとんどでした。

確かに、競艇では荒れる要素を含むレースが1日に何レースか存在しています。

そのレースで穴狙いをするのも1つの楽しみ方の1つですが、安定して勝てるかどうかと言えば、答えはNOです。

荒れる要素があっても、確実に荒れるわけではありません。

そんなレースでしっかりと勝とうとすると、荒れた時と荒れなかった時の2パターンの舟券を購入する事になります。

様々な展開に合わせた舟券を購入しても、当たる確率がかなり低いのが荒れる要素を含んだレースの特徴でもあります。

荒れる要素があるレースは、コスパが悪く安定した勝ちを目指すには適していません。

安定した勝ちを目指すなら、荒れる要素のない本命決着になる可能性が高いレースに絞るのが最善と言えるでしょう。

まとめ

競艇で勝つ人の特徴を調べた結果、「レースを厳選する」「購入点数を絞る」といった2点が浮かび上がりました。

それぞれの特徴には、しっかりとした理由があるのも判明しました。

競艇で勝ち組になりたいと考えている人は、今回の記事を参考にしたレース選びや舟券購入にチャレンジしてみてください。

Posted by 歴10年FG