競艇で儲かる買い方とは?初心者におすすめの実践方法

せっかく舟券を買うなら勝ちたい・儲けたいと誰でも考えますよね。

適当にレースを選んで舟券を買っているだけでは勝てない・儲からないのが競艇です。

しかし、ちょっとした儲かる買い方を把握するだけで、回収率は意外と簡単に安定します。

今回の記事では、競艇の儲かる買い方とオススメの予想方法を解説していきます。

競艇の儲かる買い方はレースの厳選と購入点数を減らすだけ!基本は人気決着狙い

競艇の儲かる舟券の買い方の条件として「レースの厳選」と「購入点数を絞る」といった2点が挙げられます。

競艇は、賭ければ賭けるほど負けやすいギャンブルなので、どれだけ負けるレースを減らす事が出来るが儲ける鍵となっています。

また、出来るだけ儲けを多くするためには、勝てるレースで少しでも購入点数を絞る事が重要となります。

せっかく勝てるレースでも、購入点数が多くなり過ぎると得られる利益が少なくなるからです。

上記の2点を満たすレースが人気決着になる可能性が高い「ガチガチレース」となっています。

平均回収率75%!?競艇は賭ければ賭けるほど負ける

競艇で儲けるためには、競艇がどういったギャンブルなのかを理解する事が大切です。

競艇を含む公営ギャンブルの還元率は「75%」です。

ギャンブルには「還元率=期待値」という考え方があり、実際に競艇全体の平均回収率は還元率と同じ「75%」となっています。

期待値(回収率)が75%という事は、100円賭ける毎に75円が返ってくる、25円を損していくという計算になります。

競艇で負けないためには、賭ける回数を増やすのではなく、逆に賭ける回数を減らす事が必須となります。

毎日朝から晩まで全国の様々な地域でレースが行われている競艇ですが、1日中出来るだけ多く舟券を買うとそれだけで負けに繋がります。

実際に、競艇でしっかりと儲けている人のほとんどは、1日数レースしか舟券を購入していません。

儲かるレースの厳選は予想のしやすさを重視

競艇で儲けるためのレースの厳選は、「予想のしやすさ」を重視すると良いでしょう。

予想がしやすいという事は、後述する購入点数を絞る事にも繋がるからです。

競艇は、出走する選手・モーターにほとんど差がないレースだけではなく、敢えて選手やモーターに差を付けているレースも多く存在します。

差がないレースの代表としては「ドリーム戦」が挙げられます。

一方、差があるレースの代表例は、「企画番組」となります。

各レース場の一般戦で1~3レース行われている企画番組は、

「こう狙ってくださいね」
「○号艇と△号艇が勝ちやすい番組ですよ」

と各レース場の特徴に合わせて予想しやすい内容となっています。

どのような思惑で番組が組まれているか分かるだけでも、かなり予想はしやすくなります。

また、企画番組の多くが1号艇に1コースを得意とするA級選手が配置されているので、購入点数を減らしやすくなっています。

予想しやすいレースを選ぶ事で、自然と回収率を安定させる事が出来るようになります。

自分では、人気決着になりやすいレースの厳選が出来ないという場合は、各レース場の企画番組に注目してみてください。

購入点数を減らす事で1レースで得られる儲けを多くする

競艇は、基本6艇でレースを行います。

1レースに出走する選手(艇)の数が他の公営ギャンブルより少なっています。

最も的中率が低い3連単でも「1/120」と他のギャンブルよりかなり当てやすいといった特徴があります。

また、選手・モーターに優劣が付きやすい事から人気決着になりやすく、その事を把握しているファンも多いので払戻オッズが極端に偏る事も珍しくありません。

予想しやすい人気決着狙いのレースを厳選していると、3連単でも平均払戻オッズが「10倍」前後となる事が多くなります。

10倍の払戻オッズで儲けるには、しっかりと購入点数を絞る事が重要となります。

人気決着の可能性が高いレースで、あれもこれもと買い目を広げていくとせっかく舟券が当たっても投資金額を回収しきる事が出来なくなります。

購入点数を「無理」に減らす必要はありませんが、出来るだけ減らせるように自分の予想方法をブラッシュアップしていきましょう。

的中率よりも回収率を重視した買い方を意識する

競艇で儲けるためには「的中率」が大切だと勘違いしている人も多くいます。

確かに、舟券が的中しないと払戻金が得られないので儲けられないように感じてしまいます。

先程も解説した通り、競艇は他のギャンブルより当てやすくなっています。

3連単を全通り100円購入しても「1万2000円」となります。

しかし、競艇の3連単で最も多い払戻金額は「1000~2000円」です。

毎レース全通り購入しても9割以上は、損になってしまうので的中率を重視し過ぎると回収率は下がっていきます。

的中率を重視するよりも「回収率」を重視した方が競艇は儲かるギャンブルです。

実際に、競艇で儲けている人の多くは回収率を重視した買い方をしていて、的中率自体はそこまで高くありません。

競艇で儲けたいと考えている場合は、的中率に囚われ過ぎない、回収率を重視すると覚えておきましょう。

3連単に固執しないレース・予想に合わせた舟券の買い方

3連単が他の公営ギャンブルより当てやすくなっている事から、3連単しか買わないといった人も意外と多くいます。

しかし、競艇で儲けるにはレース内容や自分の予想結果に合わせた適切な舟券選びがかなり重要です。

人気決着だと判断したレースで、3着を無理に絞って舟券を外すよりも2連単で厚めにベッドした方が効率良く儲けられるレースも多くあります。

競艇は3連単!という固定概念は捨てて、自分の予想結果に合わせてどの舟券が合っているのかしっかりと考えてください。

3連単は最大8点まで!

人気決着となるレースでは、払戻オッズが「10倍」を下回る事も珍しくありません。

払戻オッズが8倍のレースで10点購入してしまうと舟券が当たっても儲けはありませんよね。

人気決着狙いのレースで3連単の舟券を購入する時の購入点数は、多くても8点程度に抑えるようにしましょう。

8点以上購入してしまうと当たっても賭け金が1.3倍にしかならなかったという効率の悪い買い方になるからです。

本当にガチガチだと判断した場合は、4点や6点で勝負しても問題ありません。

購入点数が少ない方が当たった時の儲けが多くなるからです。

人気決着狙いのレースで3着を絞る事が出来ないというケースも多く、その時は3連単を諦めて2連単を購入するのもアリでしょう。

2連単は基本1点買い!

3連単で購入点数を絞れない時に活用する事が多くなるのが「2連単」です。

3着を予想・当てる必要がない事から、購入点数を大幅に減らす事が出来るといった魅力があります。

2着候補を1艇に絞れている時は、特に2連単はオススメです。

3連単の3着を全通り買うと4点必要になりますが、2連単なら1点だけとなります。

購入点数が4点から1点に減らす事が出来るので、4点分の賭け金を1点にまとめて勝負する事が出来るようになります。

同じ賭け金でも、3連単4点各100円よりも2連単1点400円の方が結果的に払戻金額が多くなる事も珍しくありません。

単純な払戻オッズの低さで2連単を避けている人もいますが、2連単は活用の仕方次第で3連単よりも儲けやすくなっています。

単勝・複勝は基本買わない

レース予想に合わせた適切な舟券選びが大切になる競艇ですが、「単勝」「複勝」は基本的に買う事はありません。

1号艇が圧倒的有利な競艇ですが、人気の中心は1号艇になるので単勝・複勝は払戻オッズが極端に低くなっています。

しかし、競艇に絶対はないので1号艇の単勝・複勝を購入しても外れる事も多々あります。

リターンとリスクのバランスを考慮するとリスクの方が大きいので、単勝・複勝で儲ける事は難しいと言えるでしょう。

予想の基本は1号艇軸!レース場と選手の特徴で2着を予想する

人気決着する可能性の高いレースの軸は基本的に1号艇となります。

1号艇以外に人気が集まっているレースは、購入点数を絞る事が難しくなるので舟券購入を見送った方が無難です。

1着を1号艇1艇に絞る事が出来ても、2着3着を当てるのが難しいのが競艇ですよね。

2着3着選びはレース場と選手の特徴を比較して選んでいくと的中率・回収率が安定しやすくなります。

レース場の特徴を把握する

2着3着予想で重要となるのが「レース場の特徴」です。

一見すると同じ見えるレース場ですが、各レース場によって様々な特徴があります。

インコースの強さだけではなく、差し・まくりの決まりやすさや風による影響等、細かな違いまでしっかりと予想に活かしましょう。

差し水面なのにまくりが得意な選手を選ぶ、まくりが有利な風なのに差し残りで舟券を買う、こんな事をしているといつまで経っても競艇で儲ける事は出来ません。

各レース場の特徴や風による影響は、簡単に調べる事が出来るのでレース前に確認して、状況に合わせたレース展開が出来るように準備しておきましょう。

一方、選手にも得意不得意な決まり手があります。

ある程度経験を積むと様々な攻め方が出来るようになりますが、それでもレースでは選手の好みや得意不得意さが影響します。

せっかくの差し水面でも、差しが苦手な選手だと1マークを握って旋回する可能性が高くなります。

逆に、まくりが苦手な選手は、モーターパワーがなくても外側に行く事を嫌い、差し・まくり差しを狙いがちです。

レース場の特徴に合わせて、その時の状況で最も有利な決まり手を得意としている選手を選ぶと的中率・回収率が安定します。

展示航走と展示タイムで見るべきポイント

展示航走・展示タイムの考え方は、人によって大きく異なります。

展示航走の目展示(数値ではなく自分の目で見た良し悪し)を重視する人もいれば、展示航走は見ないという人もいます。

基本的に、予想をする際の展示航走・展示タイムは参考程度で良いでしょう。

「展示タイムが1番早かったから絶対にこの選手が勝つ」という事はありません。

展示航走・展示タイムで見るべきポイントとして「遅れ」が挙げられます。

スタート展示でスタートが大幅に遅れている選手は、スタート勘が合っていないのでレース本番でもスタートが遅れる可能性が高くなります。

また、周回展示で後ろの艇に追いつかれそうな場合も注意です。

後ろの艇の選手のモーターが良いだけであれば特に問題はありませんが、追いつかれそうになった艇のモーターの調整が合っていない可能性もあります。

また、展示航走が終わった後に発表される展示タイムも、他の選手より大幅に遅れている場合以外は、そこまで気にする必要はありません。

展示航走・展示タイムは、他の選手より極端に遅くないかどうかに注目してみましょう。

まとめ

競艇で儲けるためには、レースの厳選と購入点数を減らす事が最も重要となります。

出現率の低い大穴を無理に狙いに行くのではなく、1日に何度も出現するガチガチのレースで少ない購入を絞って勝負をしていきます。

また、効率良く競艇で稼ぐにはレース場や選手の特徴をしっかりと把握する事も必要です。

全てを覚える事は難しいので、その場だけでも良いので出来るだけ多くの情報を集めて予想に反映する事を意識してください。

今回解説した競艇で儲ける買い方・予想方法は、調べるだけで誰でも簡単に実践する事が出来ます。

今までの競艇での負けを取り戻したい、競艇で安定して儲けたいという人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

Posted by 歴10年FG