競艇の勝負レースの決め方まとめ!遊び・本気・楽しみレースはどう決める?

競艇新聞や予想番組・生ライブを見ていると、必ず見かけるのが「勝負レース」です。

競艇の勝負レースは異なる意味を持っていて、ほとんどの場合は「鉄板レース」を指します。

しかし、「大金を賭けるレース」や「イチかバチかの穴狙い」を指す事もあります。

今回の記事では、競艇の勝負レースについて解説していきます。

当たる確率が高い「勝負レース」

競艇でよく見かける勝負レースは「鉄板レース」を指します。

予想に自信があるレースやガチガチ本命狙いが出来るレース等、「当てやすい」といった特徴があります。

当たる確率が高い勝負レースは、的中率・回収率を安定させられるといったメリットが得られます。

勝負レース以外は舟券を買わないという人も意外と多くいるようです。

当たる確率が高いから収支が安定する

当たる確率が高い勝負レースの最大のメリットは「収支が安定する」といった点です。

鉄板レースと呼ばれるレースは、70~80%程度の確率で本命決着となります。

本命に絞るだけで、それなりの確率で舟券が当たるので収支が急激に下がるという心配がありません。

買い目が絞れるので少ない金額で遊べる

本命決着の可能性が高いという事は「買い目を絞りやすい」という事でもあります。

買い目に悩んでいたら購入点数が20点を越えているという経験をした事がある人も多いですよね。

先程も記述した通り、鉄板レースは70~80%は本命決着になります。

1着は1艇、2着2艇、3着に何艇選ぶかといったパターンがほとんどで、3着を全通り購入しても買い目が10点を超える事がありません。

買い目を10点以内に抑えられる事から、1レース1000円以内と少ないお金でも競艇を楽しむ事が出来ます。

一攫千金は狙えない

少ないお金で遊べてそれなりの的中率・回収率を維持出来る鉄板レースですが、「一攫千金は狙えない」といったデメリットがあります。

舟券の予想が簡単で当たりやすいという事は、他の人も同じ買い目を購入しているので、払戻オッズは3連単で「8~15倍」程度となります。

鉄板レースでは払戻オッズが100倍を超える「万舟」を取る事はほぼ不可能と言えるでしょう。

コツコツと稼ぎたい、勝つよりも予想やレースの雰囲気を楽しみたいという人に適したレースとなっています。

見せ場を作りたい!「大金を賭ける勝負レース」

「大金を賭ける・賭けたレース」を勝負レースと呼ぶ事も意外と多くあります。

そのほとんどが、動画配信や生ライブをしている「YouTuber」や「演者」と呼ばれる人たちです。

動画の登録者数や視聴数を増やすために見せ場を自ら作り出しています。

1レースや1点に数万円といった大金を賭けて、ドキドキハラハラしている様子を視聴者に見せて楽しんでもらおうというイメージです。

YouTuber・演者と一緒に競艇を楽しめる

大金を賭けた勝負レースは、本人以外には特にメリット・デメリットは存在しません。

応援しているYouTuber・演者と一緒の舟券を買って、ドキドキを共有して楽しむ事は出来ます。

当日の調子を見極めて参考にする

動画配信や生ライブに出演している人が全員競艇に詳しいわけではありません。

元ボートレーサーや専属解説員が出演している番組・動画もありますが、芸能人・YouTuber・パチンコパチスロライターといった「競艇好き」がほとんどです。

生ライブに出演している人たちの当日の調子や予想の的中率を見極めて、買い目の参考にするといった活用方法もあります。

他人の予想方法や舟券の買い方を知る事で、新しい閃きのきっかけになるかもしれません。

収支が安定する事はない

番組・動画で見せ場を作るための勝負レースを参考にしても収支が安定する事はありません。

大金を賭けている人は勝つ事を目的にしていますが、本命決着になる可能性が高いレースを選んでいるわけではありません。

「ここで大金を賭ければ盛り上げる!」と思ったレースを勝負レースにしている事がほとんどです。

当たる確率が高くないレースで舟券を買い続けると収支は安定せず、マイナスに傾いていく事になります。

ギャンブルの醍醐味を味わいたい!「穴狙いの勝負レース」

当日の負けを取り返す、1レースで大金をゲットする事を目的とした「穴狙い」を勝負レースと呼ぶ人も存在します。

穴狙いの勝負レースは、舟券が当たりさえすれば「300倍」以上の払戻オッズを得る事も夢ではありません。

これぞギャンブル!といったスリルを味わうために穴狙いが出来るレースを探している人も多くいます。

当たれば一攫千金も夢じゃない!

穴狙いの勝負レースの最大のメリットは「1レースで大金を得られる」という点です。

穴狙いの舟券が当たる時は、人気選手が飛ぶ事になるので払戻オッズが跳ね上がります。

1点100円賭けでも当たれば最低1万円以上、運が良ければ3万円や5万円になる事も珍しくありません。

1点に賭ける金額を増やせば、1レースで10万円以上の大金を得る事も出来るのが穴狙いの勝負レースです。

穴狙いは勝負レースが少ない

ギャンブルの醍醐味である一攫千金の夢が見られる穴狙いの勝負レースですが、残念ながら賭けられるレース数が少なくなっています。

基本的に競艇は本命決着になりやすいギャンブルなので、各レース場で1日1回万舟が出ればラッキーといったレベルです。

穴狙いが出来る勝負レースを発表・公開している人たちが「今日は勝負レースがありません」と宣言する事も珍しくありません。

レース数が少ないからこそ「勝負レース」だという意見もありますが、毎レース舟券を買って楽しみたいという人には向きません。

当たらない可能性の方が遥かに高い

穴狙いの勝負レースは「とにかく的中率が低い」といったデメリットがあります。

上記でも解説した通り、競艇は基本的に本命決着となります。

多くの人が荒れる!穴狙いが出来る!と予想したレースでも、結局人気の選手が上位を独占してしまったという事も多々あります。

高配当・一攫千金に期待が出来る穴狙いの勝負レースですが、当たらない可能性の方が高いといった点に注意しましょう。

競艇で勝ちたいなら「鉄板レース」と呼ばれる勝負レースがおすすめ

3パターンの勝負レースの解説をしましたが、競艇で勝つたい場合は鉄板レース」と呼ばれる勝負レースがおすすめです。

的中率・回収率や舟券を購入出来るレース数の数等、他の2パターンと比べると収支の安定感がずば抜けています。

長期的に負ける可能性が低い

舟券購入を鉄板レースのみに絞れば長期的に負ける可能性が低くなっています。

70~80%で本命決着となるので、単純に計算すると3回に2回は舟券が当たる事になります。

コンスタントに舟券が当たる事から、軍資金が尽きにくくなっています。

また、購入点数が絞れる・少ないので、無駄な舟券購入を抑えられるといったメリットもあります。

一攫千金は狙えませんが、コツコツと勝ちを積み上げる事は可能です。

情報が多く取捨選択がしやすい

競艇新聞・動画・SNS等、様々なメディアで当日の鉄板レースが紹介されています。

複数のメディアで推されている勝負レースであれば、信頼度が高いと判断する事も出来ます。

さらに、それぞれのメディアでは選手・モーターの詳しい情報も記載されていたりと、情報量が多いのも鉄板レースの特徴の1つです。

数多くある情報の中から、信頼度の高い勝負レースを見付けられます。

レースの展開予想やおすすめの買い目を一緒に公開しているメディアも多くあります。

買い目に迷った時や買い目を絞りたい時に参考に出来る情報があるのは大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

競艇の勝負レースは大きく分けると3パターンあります。

多くの場合は、本命決着になる可能性が高い鉄板レースの事を指しています。

それぞれの勝負レースには、異なるメリット・デメリットが存在していますが、競艇で勝ちたいという人には鉄板レースがおすすめです。

今回解説した勝負レースの違いを意識しながら、競艇を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Posted by 歴10年FG