稼げる競艇予想の仕方!よく当たるために必要な要素とは?

競艇は近年のテレビCMや動画配信等でユーザーが増え続けている公営ギャンブルです。

最近競艇を始めた、競艇に興味があって始めてみたいという初心者の人も多いのではないでしょうか?

競艇初心者の人の多くの悩みが「予想の仕方」です。

そこで今回は、競艇初心者の人でもすぐに理解出来る競艇予想の仕方・基本を解説していきます。

1号艇から本命と穴を見極めよう

競艇の予想の第一歩として覚えておいて欲しいのが「競艇は1号艇が圧倒的に有利」だという事です。

他の公営ギャンブルにも枠番の有利不利は存在しますが、競艇ほど大きな影響はありません。

競艇の予想をする時は最初に「1号艇が1着になるかどうか」に注目してみてください。

1号艇の選手の「階級」に注目しよう

レースに出走する選手によって経験や技術力は大きく異なります。

1号艇の選手が1着になるかどうかを予想する時に役に立つのが「階級」です。

出走表の選手の名前の横に「B1」や「A1」といった文字を見かけた事がありますよね?

この文字が各選手の階級を示していて「A1>A2>B1>B2」といった順番になっています。

全選手の約3割しかなる事が出来ないA1選手は、高い技術力を持っているという事になります。

1号艇の選手が「A1」であれば、それだけで1着になる可能性は高くなります。

逆に言えば、B1・B2の選手が1号艇に乗っている時は、1着になる可能性が少し低いと予想出来ます。
1号艇が1着になるレースを本命、1着以外になるレースを中穴~と大穴といった感じで判断していくと良いでしょう。

1号艇の「イン逃げ率」と2号艇の「逃し率」を確認しよう

選手の階級だけではなく、1号艇の「イン逃げ率」と2号艇の「逃し率」を確認する事で、1号艇の着順予想の精度をさらに上げる事が可能となります。

競艇・ボートレースの公式ホームページには記載されていませんが、調べると簡単にヒットするのでイン逃げ率・逃し率を確認する癖を付けておく事をおすすめします。

全選手の1号艇イン逃げ率の平均(2020年)は「53.1%」となっています。

1号艇のイン逃げ率が平均より高いと1着になる可能性が高くなりますが、イン逃げ率が70%を越えていないと信頼度はあまり高くないという点に注意してください。

もちろん、イン逃げ率60~70%の選手もしっかりと逃げてくれる回数の方が多いですが、意外と逃げに失敗する事も珍しくありません。

イン逃げ率が平均以下の場合は、逃げられないと予想した方が良いという声も多くあります。

一方、2号艇の逃し率も意外と侮れない情報です。

1号艇イン逃げ率と2号艇逃し率の合計が「120」を越えていないとイン逃げの信頼度は下がってしまいます。

イン逃げ率を確認する時は、2号艇の逃し率も忘れず確認するようにしてください。

イン逃げ率と逃し率の合計が低いレースは、穴狙いで高額配当をゲット出来るかもしれませんよ。

1周目1マークの展開予想から買い目と決めよう

1号艇が1着になるかどうかを決めた後は「1周目1マークの展開予想」をしていきます。

競艇のレースは、1周目1マークの攻防で着順が決まる事が多いからです。

先程、予想した1号艇の着順に合わせたレース展開を予想する事で、より競艇を楽しめるようになります。

1号艇が逃げる時は2号艇の動きに注目しよう

1号艇がイン逃げで1着になると予想した時の展開予想で大切になるのが「2号艇の動き」です。

1マークで2号艇がどのように攻めるかで3~6号艇の攻め方も決まってくるからです。

2号艇に乗る選手が「差し」を得意としている場合は、ターンマークギリギリを旋回するので他の艇は2号艇の外側を旋回する事になります。

2号艇が2着になる場合は、差し残りが多いので2号艇の選手の得意な決まり手を調べるのも有効です。

さらに、3・4号艇の選手の得意な決まり手や各選手の当該コースの2着3着率の比較等、予想に使える情報は数多く存在します。

分からないまま様々な情報を活用しようとすると、予想が面倒に感じてモチベーションが下がるかもしれません。

予想に慣れるまでの間は、2号艇の選手が差して2着に残るかどうかで判断するのもおすすめです。

1号艇が1着にならない時はレースの「決まり手」を予想しよう

1号艇が逃げられず1着を取れないと判断した時は、当該レースの「決まり手」を予想する事になります。

要するに「1号艇がどうやって負けるか」を考えていきます。

1号艇のスタートが遅れて負ける場合は、2号艇のまくり勝ちが優勢となります。

2号艇のスタートが遅れた場合は、3号艇のまくりや4・5号艇の差しの可能性も出てきます。

上記以外にも、1号艇が負けるパターンは数多くあるので、自分の展開予想に合わせて何号艇が勝つのかを導き出しましょう。

展示航走や展示タイムといった情報を活用しよう

競艇の予想をする時に大活躍するのが「展示航走」と「展示タイム」の2つです。

適当に予想して舟券を買っているという人以外のほとんど全員がこの2つの情報を活用しながらレース結果を予想しています。

最初は、何を見れば良いのか、何を比べれば良いのか、分からないと思いますが、ゆっくりと慣れていきましょう。

展示航走と展示タイムを活用した予想が出来るようになると、舟券の的中率や回収率を上げる事が出来るようになります。

展示航走は選手やモーターの調子をチェックしよう

競艇は本番レースの前には必ず「展示航走」が行われます。

スタート展示と周回展示の2つが行われ、選手やモーターの調子を舟券を買う人に見てもらいます。

スタート展示では、コース取りやスタートタイミングを確認する事が出来ます。

周回展示では、ターンのスムーズさやターンしてからの立ち上がりの良さ等を確認する事となります。

展示航走の見方に正解はないので、徐々に自分なりの活用方法を見付けていきましょう。

わからない内は、他の選手と比べてターンが流れていないか、ボートが暴れて乗りづらそうにしていないかといった点を見てみてください。

展示タイムが良い艇は舟券に絡みやすい

展示航走が終わると発表されるのが「展示タイム」と「オリジナル展示タイム」です。

展示タイムは全てのレース場で発表されますが、オリジナルは発表していないレース場もあるので注意してください。

展示タイムは「2周目バックストレッチ側の第2ターンマークを回ってか150m区間」を測っています。

展示タイムは早ければ早い程、良いと言われていますが、過度に信用するのは厳禁です。

買い目を絞りたい時やどの艇を切るか迷った時に参考にする程度でもOKです。

しかし、展示タイムが他の5艇より大幅に遅い艇は、モーター・ペラの調整を失敗している可能性が高いので注意しましょう。

一方、オリジナル展示タイムは、展示タイムに加えて「1周タイム・直線タイム・まわり足タイム」といったさらに細かなタイムを知る事が出来ます。

展示タイムとオリジナル展示タイムの全てに色が付く(6艇の中で1・2番目に速い)艇は、舟券に絡む可能性が高い傾向があります。

競艇は、1つのレースだけでも数多くの情報があるので、自分の予想に必要な情報を見付けていきましょう。

競艇は風の影響を受けやすい!風のセオリーを覚えよう

競艇には「風の影響を受けやすい」といった特徴があります。

風速3mを超える風が吹けば、各コースの有利不利が変わってきます。

風向きによるレースへの影響、所謂「セオリー」を覚える事も予想の精度を上げるためには必要です。

追い風が吹くとインコースと差しが有利になる

追い風が吹くと、最高速に到達するまでにかかる時間が短くなります。

基本的にスロースタートとなり、助走距離が短い1~3号艇でもしっかりと加速する事が出来るので1号艇は逃げられる可能性が高くなります。

一方、2・3号艇もスタートで出遅れる可能性が低くなるので、いつもより自在に攻められるようになり、特に差しが出現率が上昇しています。

ダッシュスタートとなる4~6号艇は、内側3艇がしっかりとスタートを決めると隙を突くしかなくなります。

向かい風が吹くとイン逃げが難しくなりまくりが有利になる

向かい風が吹くと追い風とは全く逆の影響が出てきます。

進行方向とは逆の風が吹いている事で、最高速に到達するまでに時間がかかってしまいます。

助走距離の短いスロースタート3艇は、スタートまでに十分な加速が出来ずにダッシュスタートをした艇にまくられやすくなります。

スロースタートの一番外側となる3号艇のスタートが遅れれば4・5号艇の直まくりが特に決まりやすくなります。

内側3艇がドカ遅れしなくても、外側3艇の方がスタート時にしっかりと加速出来るのでまくり差しという選択肢も出てきます。

セオリーが逆のレース場もある

競艇の風のセオリーは以上となります。

しかし、注意しなければいけないのがレース場の中には「セオリーと逆の影響が出るレース場もある」といった点です。

セオリー通りの風の影響を受けないレース場として有名となっているのが「唐津競艇場」です。

また、風向きだけではなく風速によって異なる影響を受けるレース場もあるので、舟券を購入するレース場の特徴を調べる事も勝つためには重要となります。

まとめ

以上が、競艇予想の仕方・基本知識となります。

競艇初心者の人からすると、何が何だか分からない用語や単語も多いですが、意外と自然に覚えていく事が出来ると思います。

予想の仕方に正解はなく、自分が納得出来る買い目を買う事が大切となります。

今回紹介した、予想の仕方をベースにしながら、自分だけの予想方法を見付けてみてください。

Posted by 歴10年FG