ボートレース予想の達人と素人違いとは?達人レベルの人は何が違う?

ボートレースでなかなか当たらない、思ったように収支が安定しないと困っている人も多いですよね。

「どうすれば勝てるのか?」舟券を買っていれば誰もが何度もぶつかる壁です。

ほとんどの人が負けているボートレースですが、中にはボートレースだけで生活をしている達人も存在します。

今回は、ボートレース予想の達人と素人の違いをまとめてみました。

達人は予想・的中しやすいレースしか舟券を買わない

ボートレース予想の達人と素人の大きな違いとして「予想・的中しやすいレースしか選ばない」といった点が挙げられます。

ボートレースで勝っている達人は、一般的な競艇ユーザーより数多くのレースで勝負をしていると勘違いしている人も少なからずいます。

しかし、実際は達人ほど、舟券を購入するレースを厳選しています。

競艇というギャンブルを理解している人は、手当り次第舟券を購入する事は絶対にありません。

競艇は、舟券を買う回数が増えれば増える程負けるギャンブルだと熟知しているからです。

平均回収率の75%に収束しないように、ここぞ!というレース以外は手を出しません。

競艇は1号艇が圧倒的に有利だという事を理解する

一攫千金を夢見て、人気の薄い選手を軸にしたという経験もあると思います。

しかし、競艇は競馬や競輪とは異なり、なかなか一攫千金が成功しないギャンブルです。

自分の過去の穴狙いを思い出してみると、成功した数よりも失敗した数、回収した金額よりも投資した金額の方が多いですよね。

そのような勝率の低い勝負ばかりしていても回収率が上向く事はほとんどありません。

ボートレース予想の達人は、競艇の特徴である「1号艇が圧倒的に有利」だという事をしっかりと理解して舟券を購入しています。

穴狙いをするのではなく、舟券が当たる・勝てるレースをしっかりと見極めて勝負をしています。

実際に2020年の各コースからの1着率を確認してみましょう。

1コースの全国平均が「56.5%」です。それに比べて他のコースは全て「15%以下」となっています。

6コースに関しては全国平均が「1.8%」と100回に1回程度の確率です。

確かに、人気の薄い選手に賭けて当たると高配当に期待出来ます。

しかし、安定して勝つ、収支を安定させる事を考えると、やはり勝率が高い1号艇が勝つレースを選ぶ事が無難と言えるでしょう。

基本的に日程後半のレースで勝負をする

1号艇が勝てるレースを選んでいるのに舟券が当たらない!

もしかして、大会の初日や2日目のレースでばかり勝負をしていませんか?

大会の初日や2日目は後半の日程と比べるとレースが荒れやすくなっています。

その理由が「モーターやプロペラの調整が終わっていない」からです。

前検日に抽選で得たモーターやプロペラは、前節使用していた選手が調整をしたままとなっています。

選手によって好みの調整は異なり、自分と全く合っていないモーター・プロペラを手にしてしまうとレース初日までに調整が終わりません。

レースが出来る状態まで仕上がっていないままレースに出ても勝てるわけはありませんよね。

どれだけ上手い選手でも調整が仕上がっていないモーター・プロペラでは勝つ事は難しいと言えるでしょう。

一方、大会最終日になるとほとんどの選手がモーターの整備を終えています。

モーター性能を限界まで引き出しているので、調整差による波乱が少なくなります。

実際に、大会最終日のレース結果を確認してみると、圧倒的に有利な1号艇や階級・モーター成績の高い選手がしっかりと舟券に絡んでいます。

波乱が起きる可能性が低い最終日の中から勝負するレースを探しているという予想の達人も多くいます。

企画レースと優勝戦が狙い目

予想の達人が勝負するレースの共通点として「企画レース」と「優勝戦」が挙げられます。

逆に、一般的な予選や予選終了後の一般戦では舟券を買わないという達人も一定数います。

各レース場で行われている企画レースは、普通のレースよりも「予想がしやすい」といった特徴があります。

1号艇のみA級選手が配置されていたり、B級選手の中に2~3名程度A級選手が混じっていたりします。

しっかりと逃げる事が出来るA級選手が1号艇に配置されているだけで、レース結果の予想の難易度はかなり下がりますよね。

さらに、2~6号艇にA級選手が1~2名混ざると、2着3着の予想も安易になります。

企画レースは、払戻オッズが低くなる傾向がありますが、当てやすいので重宝している達人も多くいます。

払戻オッズの低さから企画レースを敬遠していた人や企画レースで穴狙いをしている人は、本命狙いで企画レースを狙ってみてください。

また、優勝戦も達人から圧倒的な支持を集めています。

優勝戦の1号艇に乗る選手は、当該高いで最も調子やモーターが良い選手です。

優勝戦の1号艇1着率は、レース場を問わず大きく上昇するといった特徴があります。

2着3着も人気決着になる事が多い優勝戦も回収率を上げる時には、狙い目となります。

予想にしっかりと時間をかける

予想の達人と素人の違いとして、「1レースの予想にかける時間」も挙げられます。

素人の多くは、出来るだけ多くのレースに賭けようとします。

普段、1レースの予想にかける時間はどれくらいでしょうか?

前のレースが終わって舟券販売が締め切られる20~30分程度という人がほとんどなのではないでしょうか?

予想の達人は、予め前日から勝負するレースを決めています。

さらに、前日で集められる情報から大まかなレース結果の予想や買い目を考えています。

レース直前に行われる展示航走や展示タイムを確認して、自分の予想に自信がある時だけ舟券を購入します。

達人と素人では、同じレースでも予想にかける時間が大幅に異なります。

予想時間が短くなると予想に必要な情報を見落とす等、ケアレスミスで舟券を外す可能性も上がります。

そうならないようにしっかりと前日から時間をかけてレース結果を予想しましょう。

的中率よりも回収率を重視する

実は、予想の達人の多くは的中率を重視していません。

競艇は、最も当てる事が難しい3連単でも120通り、1点100円で1万2000円あれば確実に当てる事が出来ます。

当てやすいといった嬉しい魅力がある反面、当たった時の払戻金額が低い事も競艇の特徴の1つです。

的中率を重視し過ぎると回収率が思ったように安定・向上しなくなります。

競艇で勝ちたいと考えている人は、達人と同じように回収率を重視した舟券購入を意識しましょう。

的中率を重視すると1レースで得られる利益が減る

的中率を重視すると回収率が上がらない理由として「1レースで得られる利益が減る」事が挙げられます。

的中率を重視すると、どうしても購入点数が増えてしまいますよね。

購入点数が増えれば1レースに賭ける金額も増えます。

1点あたりに賭ける金額が増えるのであれば、当たった時の利益も増えるので問題はありません。

しかし、購入点数が増えた事による総投資額が増えた場合は、当たっても払戻金額が増える事はありません。

逆に、総投資額が増えた事によって、得られる利益が減ります。

また、購入点数を増やした事によって総投資額が増えても舟券が当たって収支がプラスになればOKです。

しかし、購入点数を増やしたのに舟券が外れてしまうと、増やした分だけマイナスの金額も増えるといったデメリットが生じます。

購入点数を増やして少ない利益を得るよりも、購入点数を減らして得られる利益を増やした方が長い目で見ると回収率は安定します。

的中率もある程度必要にはなります。

しかし、予想の達人のようにボートレースで勝つには的中率よりも回収率を重視するようにしましょう。

状況に合わせた舟券の選択

予想素人の人の中には、払戻オッズの高さから3連単でばかり勝負しているという人が多くいます。

確かに、3連単は他の舟券と比べると当たった時の払戻オッズが高くなっているので、1レースで大きな配当を狙う事も可能です。

しかし、予想の達人は3連単にこだわりを持っていません。

予想の達人の多くは、状況に合わせた適切な舟券を選んでいます。

基本的には、3連単と2連単から選ぶ事になります。

使い分けのポイントとして「3着の予想」が挙げられます。

3着までしっかりと絞る事が出来るレースは、3連単の舟券を購入します。

一方、3着が混戦だと予想したレースは、2連単の舟券を購入します。

もちろん、当該レースの払戻オッズ等で適切な舟券は変わってきます。

しかし、3連単で3着を全通り購入するよりも、2連単で購入点数を減らして1点に賭ける金額を増やした方が利益が増えるレースがある事も覚えておきましょう。

資金配分を活用

「資金配分」という用語を聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

最近では、動画配信者や競艇に詳しいタレントが使用しているのでメジャーになりつつあります。

1点に賭ける金額を揃えるのではなく、当たった時の払戻金額を揃えるといった賭け方です。

払戻オッズによって賭ける金額を調整するので均等配分よりも1レースの投資額は増える事になります。

しかし、払戻オッズが低い組み合わせが当たっても払戻金額を揃えているので、しっかりと利益を出す事が出来ます。

さらに、資金配分はトリガミを防げたり、活用の仕方によっては本命狙いと穴狙いを両立させられるといったメリットもあります。

回収率を安定させたり、効率良く向上させる事にも繋がるので、資金配分は必ず勉強しておきましょう。

競艇で勝っている達人は、予想が上手いだけではなく効率の良い賭け方も熟知しています。

まとめ

ボートレース予想の達人と素人の違いは特別な知識や経験ではありませんでした。

レース選びや舟券の買い方といった誰でも簡単に実践出来る違いばかりです。

予想・舟券が外れたからといって冷静さを失う事なく、予想・当てやすいレースだけ勝負する事が最も重要となります。

達人のように収支を安定させたい、競艇で勝ちたいという人は、今回紹介した予想の達人が実践しているポイントを意識してみてください。

Posted by 歴10年FG